Wat is een "duw" dat het ijzeren schot niet naar links gaat? (12) | Vertel het me!

- Aug 30, 2019-

フラットなスイングのイメージが強いホーガン.
だが,フォローでヘッドは高く振り抜けている.このギャップはどこから生じるのか.

フェースを立てるための腕とクラブの動きを「押す」インパクトから読み解いてみよう.

「走り」だけならフッカー決定? 「押す」ために両手は沈む

■ヘッドは走るとトゥが下がって左向きにかぶる

「クラブヘッドが走ると,遠心力でヘッドの重心がシャフトの軸線上に近づこうとして,シャフトをタテにしならせます.結果,トゥがヒールより下がり,重心アングルの影響でトゥがヒールを追い越し,左向きにかぶりま」(森)

トゥが下がると地面に突っかかり,まともに当たらなくなる.そのぶん,ライ角をアップライトに調整する手もあるが,そうするとフックや左へのミスを助長するようになる.

「ホーガンは?トゥをコイン3枚くらい浮かせる?アドレスはせず,ソール全面が着くようにしていました.?フェースを立てる?意識を持つと,インパクトで両手が低い位置に先行し,ライ角やフェースの向きの変化を吸収してスクエアに打てるんです」(森)

■ そ う か! フ ェ ー ス を 「立 て る」 と 手 元 が 「沈 む」 ん だ

45 

手元が浮くインパクト
遠心力を生かしてヘッドを走らせる意識を持つほど,アドレス時より手元が浮きやすくなる.
結果,フェースが左を向,フックの傾向が強まってしまう.

46 

POINT-1】 ヘ ッ ド は 重心 を 軸 に 回 転 す る

 

47 

両手でグリップをはさみ,ぶら下がるヘッドをクルクル回してみる.すると回転軸はシャフト軸ではなくヘッド重心であり,トゥ上部とヒール下部が入れ替わるように回ることがわかる.

48 

シャフトがタテにしなる,いわゆる “トゥダウン現象”がインパクトエリアで起こる.結果,トゥは下がるが,重心深度が深いほどフェース面は左上向きに変化しやすくなる.