Praat over hoeveel kogels je moet jagen

- Dec 03, 2019-

狩猟に弾を何発持っていくかという話

『10発も持ち歩くの?どうせ2 ~ 3発しか使わないでしょ
こんな話を聞いたことはある狩猟者は多いのではないでしょうか.


弾数は何を狙うかで変わりますが,犬なし単独忍び猟にぼくが持っていく数について書き出してみました.

大型 動物 用 ス ラ ッ グ 12 発 + 鳥 用 バ ー ド シ ョ ッ ト 4 発

 


これがぼくが携行する弾の内訳です.ぶっちゃけ 12発撃ち尽くしたことはあまりありませんが,撃ち尽くしたことはあります.射撃が下手ということですね(ドヤァ鳥用のバードショットは7.5号32gを4発携行していますが,ヤマドリやアナグ,ウサギ等に対応する為ですね.




弾が足りなくて半矢を逃がした狩猟者の話

 


経験の浅いとある狩猟者のお話です.その狩猟者はシカの半矢を出してしまいました.必死で息を切らしながら追いかけてやっと立ち止まったシカ見つけ,狙いを定めて引き金を絞ります.しかし弾は外れてしまいました.経験が浅いコトに加えて息が上がっている状態ではなかなか狙いが定まりません.結局撃ち尽くして弾切れ,ナイフで止めようにもシカは近づくと逃げていってしまい追いつくことが不可能でした.結局弾が足りなかったが為にシカを半矢で逃がすという結果に終わります.



>>息が上がった状態での射撃
経験したことがある人ならわかると思いますが,これがとても難し.息の上がっていない射撃場でも外してしまうことがあるならなお難しいです. 「息の上がった状態での射撃の難しさ」を競技に盛り込んだスポーツにバイアスロンという射撃競技がありますが,それを見ていればどれだけ難しいかがわかります.狩猟でも息が上がっていて委託できない状況ならもっと難しいものになってきます.



>>動きが鈍い手負いのシカ
半矢のシカはある程度走って止まる,走って止まるを繰り返すことが多いです.息を切らしながら追いかけてやっと止まったシカを確認したら「止まってくれた外すわけがない」という油断が生まれやすく,通常なら外すわけがないような距離でも外してしまうことがあります.これは棒立ちシカや座って休んでいるシカを見つけた時でも同じように油断してしまう場合があります.無意識に肩付けやほお付けが不十分になったり,ガク引きになったりして外すわけがない距離で外してしまう...あるんですよねコレが未熟者なので.




重たくなければ,嵩張らない

 


沖のカモ撃ちでは "箱"で持っていく狩猟者もいると聞きますが,単独忍び猟でそれは流石に重いし嵩張ります.しかしスラッグを10発そこら持ち歩くことは全然嵩張らないし重くもありません.


>>ぴったり撃ちきることに美学を感じているのか?
「10発も持ち歩いてるのか? 3発あれば十分だ」という人は少ない弾数で獲物を仕留めることにロマンや美学を感じているのでしょうか?それとも自分をあえて追い詰めることで射撃を正確にしたいとかそんな考えてでもあるのでしょうか?そこにロマンや美学を感じていて,好きでハードモード縛りプレイにチャレンジしているならいいと思いますけど,特に理由がないなら撃ってあまるくらいの数を持ち歩いた方がいいと思いますけどね.


>>お守りとしてスラッグを持ち歩く人いますよね
鳥撃ちの狩猟者でも大型動物に会ってしまった時の為にスラッグを携行する狩猟者がいます.ぼくの知り合いで犬を連れてヤマドリを探していたところ,イノシシから鳥犬が追いかけられてきたことがあったそうです.その狩猟者は完全に鳥専門だったのでスラッグを携行しておらず,やむなしバードショットでイノシシを撃ったそうです.その時は運よくイノシシが倒れてくれたと言われていました.

3発しか携行していない状態で, 3発を撃った.その後で大型獣にあった...そうですね最悪のケースで考えるとクマでしょうか?そういった事態も考慮して10発程度持ち歩く方がいいのではな い か と 思 い ま す。 え っ? 弾 が な く な っ た 時 の 為 に 剣 ナ タ を ち 歩 い て る? が ん ば っ て く だ さ い。